食べ物

晩白柚ばんぺいゆは柑橘類最大 皮の食べ方 アテモヤは森のアイスクリーム 甘い味が特徴 珍しいフルーツ

更新日:

スポンサードリンク

TBSテレビ「あさチャン」3月2日で口コミ度アップしている珍しい2つのフルーツ晩白柚(ばんぺいゆ)とアテモヤが紹介されましたので取り上げてみました。

晩白柚(ばんぺいゆ)

晩白柚は柑橘類の中で、世界一大きいものなんだそうです。
ザボンの一種で12月~2月ごろが旬だといいます。
日本では熊本県八代市で栽培され熊本の特産品になっています。
収穫後、2週間程ビニールハウスが寝かせると甘味が増すといいます。
切ってみると皮はとても厚い果実です。
味は、ちょっと酸味があるが、グレープフルーツよりも甘味があっておいしいそうです。
甘味と酸味のバランスがいいとも。
昨年4890gの晩白柚ができて、これまでの最大の重さより32g記録更新して
現在、ギネス世界更新に申請中なんだそうです。

晩白柚の皮の食べ方:晩白柚砂糖漬け

晩白柚の厚い皮を砂糖漬けにする食べ方です。
(1) 晩白柚の皮をむき、黄色い部分をそぎ落とす。
(2) 厚みのある白い部分を熱湯に約5分浸す。
(3) 冷たい水で洗ってあくを抜く。
(4) (2)~(3) を3回繰り返す。
(5) 鍋に水(200cc)、砂糖(250g)を入れて加熱し、晩白柚の皮(100g)を加えて煮込む。
(6) たっぷり甘味を吸わせたらお皿に移し、粗熱をとる。
(7) 仕上げにグラニュー糖をまぶしたら出来上がり。
苦味は残しつつ、甘くておいしんだとか。

アテモヤ

アテモヤは、オーストラリア原産のフルーツです。
世界三大美味の1つチェリモヤと釈迦頭とも呼ばれるバンレイシと掛け合わせて
できたハイブリッドなトロピカルフルーツだといいます。
純白の果肉はカロリーが低い割に甘味が強いのが特徴で、森のアイスクリームと呼ばれています。熟してくると黒っぽくなってくるそうで、家で常温で置いて少し柔らかくなったら食べ頃だといいます。
食べた人の感想では、味はスイカとメロンを足して2で割ったみたいとか。
マンゴーよりも甘く、とにかく甘いそうです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-食べ物
-, , ,

Copyright© 関心事あれこれ , 2018 All Rights Reserved.