美容健康

コレステロールはLH比で 柴田理恵さんの血液優良食生活 サタデープラスで紹介

更新日:

アドセンス  レスポンシブ

スポンサードリンク

TBSテレビ系「サタデープラス」8月15日で、血管と突然死の関係について放送されました。ポイントとなるコレステロールを中心に取り上げてみました。今回、解説してくれた先生は、血管の世界的権威 東京医科大学病院健診予防医学センター高沢謙二先生です。

コレステロールはLH比が重要

血管による突然死はどうして起こる?
血管による突然死は、血管が詰まることで起こります。これは、血管にできたプラークが破裂することで、血栓ができ、それにより血管が詰まるというものです。つまり、プラークがなければ、破裂することがないので、血管は詰まることはありません。プラークができないように予防すれば、突然死は防げることになります。

では、プラークができないようにするには?
高沢先生によると悪玉コレステロールが増えるとプラークの素になるので、コレステロールの値をコントロールする必要があるということでした。コレステロールには、悪玉(LDL)コレステロールと善玉(HDL)コレステロールがあります。この2つのコレステロールの比率、LH比を見て欲しいといいます。このLH比を正常値にすることがプラークの予防になるということです。
k548791LH比が2以下が正常値、2以上は動脈硬化のリスクが高くなり、2.5以上は心筋梗塞のリスクも高くなります。
125465451最近は、悪玉コレステロール、善玉コレステロールがそれぞれ基準値内におさまっているかどうかをみるより、このLH比が重要視されているようです。

今回、番組では、タレント 柴田理恵さん、元サッカー選手武田修宏さん、評論家 森永卓郎さん3人が血液検査を行い、コレステロール値も測定しました。
       LDL    HDL   LH比
柴田理恵さん 88 ÷ 93 = 0.9
武田修宏さん158 ÷ 56 = 2.8

柴田さんのコレステロールのLH比がはなんと1以下の0.9です。悪玉コレステロールより善玉コルテロールの値のほうが高いというものです。高沢先生より素晴らしいと絶賛されました。毎日ジョギングをする武田さんのLH比は、意外にも2.8と危険なレベルでした。それぞれ日常生活の運動、食事で柴田さんのにLH比が良くなる点、武田さんのLH比が悪くなる点です。

■柴田理恵さんの良い点
・寝起きに炭酸水1本飲む。
 寝ている間に失われた水分を補給することは血管にとても良い。
・朝の犬の散歩1時間。
 有酸素運動は、善玉コレステロールに良く、大股歩きで悪玉コレステロールを減らす。
・朝食は野菜中心の和食(モロヘイヤとオクラのスクランブルエッグ・ツルムラサキの酢の物・ぬか漬け・納豆・塩鮭・古代米・レタスと揚げの味噌汁)
・昼食の弁当は腹六~八分目。
・夕食は、晩酌のため、魚中心のおかずでご飯なし。
・間食は、昆布。昆布のフコイダンが悪玉コレステロール値を下げる。
・ブラックコーヒーを飲む。

■武田修宏さんの悪い点
・健康にいいものを食べているがカロリーの摂り過ぎ
 炭水化物・たんぱく質・脂質など何を食べても肝臓で悪玉コレステロールの材料となる。改善するポイントは、腹八分目にすること。

武田さんは、毎日ジョギングしているそうです。にも関わらず、LH比が良くない結果になったのは、やはりカロリーの摂り過ぎだそうです。カロリーの摂り過ぎは、悪玉コレステロールに大きく影響するみたいです。

プラークは小さいほうが心筋梗塞の危険大
悪玉コレステロールが増えるとプラークができてしまうといいますが、冠動脈に出来たものは、小さいほうが心筋梗塞になりやすいんだそうです。プラークが大きくなるにつれ心筋梗塞に発症率は減ってくるそうです。逆のように思いがちですが、プラークでかなり塞がれた状態の場合、新たな自然の抜け道(バイパス)の血管ができて、たとえ詰まっても心筋梗塞はなりにくく、プラークが小さいほうが破裂すると一気に血流が止まるので心筋梗塞になりやすいんだそうです。そう考えるとある程度詰まったほうが安全のように思われますが、狭心症で苦しめられるようです。

プラーク予防にはブラックコーヒーがオススメ
プラーク予防の飲み物としてはコーヒーがオススメです。コーヒーに含まれるポリフェノールの一種、クロロゲン酸はプラークを作るのを抑える作用があることが報告されています。ただしブラックコーヒーで。柴田さんもブラックコーヒーを飲んでいました。武田さんもコーヒーを飲んでいましたがミルクを入れていたので残念ながら効果を下げてしまうそうです。
ブラックコーヒーが苦手な方は、ダークチョコレート、赤ワイン、緑茶が代用としてオススメです。

●焙煎豆の10倍以上のクロロゲン酸配合!「エクササイズコーヒー」
クロロゲン酸は、体内の「ミトコンドリア」に働きかけ脂肪の取り込みを促進します。
ダイエットと健康が気になる方にエクササイズコーヒー
▼柴田理恵さんが飲んでいた炭酸水

▼柴田理恵さんの昆布のレシピ本
間食で昆布を食べていた柴田さん、とにかく昆布が大好きということで以前料理本も出していました。

●富山の医薬品「ヘルスオイル」
日本で唯一!高コレステロール血症の改善と動脈硬化症の予防に効く医薬品です。
【初回特別価格】→ 飲んで効く医薬品「ヘルスオイル」高コレステロール血症を改善

●トクホのサンスター「緑でサラナ」
累計1億本突破の悪玉コレステロールを下げる野菜ジュースとして人気です。
ただ今、特別に3大特典付きで提供中です。
コレステロールを下げる!緑でサラナはコチラ

336x280

336x280

-美容健康
-,

Copyright© 関心事あれこれ , 2018 All Rights Reserved.