エアピーク

生活

熱中症対策帽子 エアピークAirpeakが話題 ヘルメットで大ヒットのビルマテル【通販】

更新日:

アドセンス 336x280

スポンサードリンク

テレビ東京WBS(ワールドビジネスサテライト)7月31日で放送された熱中症対策帽子Airpeakエアピークについて紹介したいと思います。

熱中症対策帽子 Airpeak(エアピーク)が話題

日差し
熱中症対策と言えば、冷却スプレーやひんやりタオルなど様々なグッズがありますが、
やはり、外出時は帽子が対策になります。
中でも最近発売された、熱中症対策帽子Airpeak(エアピーク)が話題です。
なぜ話題かというと、この帽子を作った会社は熱中症対策のヘルメットで、大ヒットを生み出した会社だからです。既にヘルメットは160万個売れた大ヒット商品になっています。
会社は、ビルマテル株式会社という会社です。
中心事業は、ビルの屋上緑化で、ヘルメットや帽子とは関連のない会社です。
そんな会社がヘルメットを作るきっかけとなったのが、屋上緑化を行っている最中に社員が熱中症にかかったためだそうです。
社員が熱中症にならないために開発したヘルメットが大ヒットしたわけです。
空気を通すメカニズムは、今回の帽子にも採用されています。

帽子は2重構造になっており、ツバ上部とサイドから空気が取り込まれ、後頭部の通気口より、空気の対流効果で温度と湿度を排出します。
これにより、帽子の中の温度と湿度が下げられ、快適な状態にします。

その効果は、熱中症研究の第一人者、京都女子大学 教授 寄本明先生の次の実験で検証済みです。
熱中症対策帽子エアピーク、一般的な帽子、帽子なしの3つのパターンで40分間、外を歩いた後、日なたで10分休憩後、それぞれ頭頂部温度を計測したところ、帽子なしは40度、一般的な帽子は36度、エアピークは30度でした。
湿度も一般的な帽子は80%でしたが、エアピークは60%と抑えられています。
温度、湿度、共に効果が認められており、熱中症予防効果が十分期待できます。
エアピークは、頭を熱からしっかりと守ってくれます。

エアピークは、軽量タイプ(ランニング・テニス向け)と一般的な帽子タイプ(野球・ゴルフ向け)があります。またキッズサイズ(子供向け)もあります。また、屋根のない横浜スタジアムに横浜ベイスターズの公式グッズとしてもエアピークがあります。

■Airpeak Speed(エアピーク スピード)
通販

■Airpeak Speed(エアピーク アスリートⅢ)
通販

■Airpeak Speed(エアピーク アスリート) キッズサイズ
通販

■Airpeak Speed(エアピーク アスリートⅢ) 横浜DeNAベイスターズ
通販

■エアピークの紹介動画

●暑さ対策に累計100万枚突破の大ヒット商品「CCT冷感タオル」がおすすめ!
暑さ対策には、クールにひんやり、CCT冷感タオル[公式ストア]

336x280

スポンサードリンク

336x280

スポンサードリンク

-生活

Copyright© 関心事あれこれ , 2018 All Rights Reserved.