関心事あれこれ

興味のある情報をあれこれピックアップ

ルイボスティーの効果効能 毛細血管の老化予防・妊活・不妊改善

   

ルイボスティー

336×280

スポンサードリンク

ルイボスティーの効果効能

ルイボスティー
健康茶と呼ばれるお茶は、世の中には色々あります。
その中でも、最近注目されているのがルイボスティーです。
ルイボスティーには、一体どんな効果効能があるのか紹介したいと思います。
ルイボスティーの名前はよく耳にしますよね。
最近は、ドラックストアだけでなくスーパーでも見かけるようになりました。
ただ、緑茶やウーロン茶ほどには広まっていません。
そのため、まだ一度も飲んだことがない人やそもそもどんなお茶なのか知らない人も多いかと思います。

ルイボスティーとは
ルイボスティー(ルイボス茶)は、ルイボスの葉を乾燥させて作る飲み物で健康茶の一種です。ルイボスはマメ科の針葉樹で南アフリカだけで栽培されている植物です。その南アフリカでは年間12,000トン(ティーカップ48億杯分)が生産され、半分が輸出されています。ルイボスティーは、現地では rooibos tea もしくは bush tea の名で呼ばれています。
茶は紅茶のように赤く、ほのかに甘みがあります。カフェインを含まれておらず、タンニン濃度もごく少量なので、子供から妊婦、高齢者まで安心して飲めるお茶です。古くより南アフリカの先住民の間で日常的な飲み物として親しまれてきました。「奇跡のお茶」「不老長寿のお茶」として、日々の健康のために飲まれ続けてきました。
ルイボスの茶葉

ルイボスティーは、ルイボスという植物の葉から作られる南アフリカのお茶なんですね。
つまり、緑茶、ウーロン茶、紅茶は、どれも同じお茶の木の葉から作られますが、
ルイボスティーは、全く種類の異なる飲み物なんですね。

ルイボスティーは次の工程で作られます。

■ルイボスティーの製造工程

裁断
刈り取ったルイボスの葉を同じ長さ(約3~5mm)に細かく裁断します。
 ↓
破砕
裁断された茶葉を、粉砕機のローラーで粉砕します。
 ↓
発酵
風当てを行った後に30~35℃の温度で約8時間発酵させます。
ルイボス独特の甘い香りを発するようになります。
 ↓
乾燥
天日で乾燥させます。
乾燥後は、殺菌、分析、品質検査などの工程を経て商品となります。

ルイボスティーは発酵茶なんですね。
ルイボスティーは、以前からその健康に良いということは知られていたんですが、
最近の研究で、毛細血管の老化予防に効果があることが分かり、今注目されているお茶です。
その他にも様々な効果効能があることが知られています。

■アンチエイジング効果
ルイボスティーには、SOD(スーパーオキシドディスムターゼ )様酵素という抗酸化成分が多く含まれています。SODは体内の活性酸素を抑えくれる働きがあります。これにより、シミ・シワなどの肌の老化予防などアンチエイジング効果が期待できます。

■ダイエット効果
ルイボスティーのSOD様酵素には身体の毒素を排出してくれる デトックス効果があります。また、ルイボスティーに豊富に含まれるフラボノイド系ポリフェノールには脂肪燃焼を促す働きがあります。そのためダイエットにも効果が期待できます。
ダイエット効果を期待するには1日に2~3杯以上が目安です。

■便秘解消
腸内環境の乱れは、便秘の原因の一つです。ルイボスティーには、腸内環境を整える働きがありますので、便秘解消することが期待できます。

■更年期の症状緩和
ルイボスティーは、更年期の様々な症状を緩和する作用があると言われています。
ルイボスティーには、亜鉛、マグネシウム、カルシウムなどのミネラルが豊富に含まれます。
これらのミネラルによって更年期の様々な症状を緩和することが期待できます。
またルイボスティーには、フラボノイド系ポリフェノールも豊富に含まれます。これらも更年期の症状を緩和することが期待させる成分です。

■妊活・不妊改善
妊活に励んでいる方や不妊症に悩んでいる方にルイボスティーはよく飲まれています。
これは、ルイボスティーには妊活・不妊改善効果があると言われているからです。
不妊の原因の一つが卵子の老化です。ルイボスティーのSOD様酵素は、活性酸素を抑え老化予防効果があります。ルイボスティーはミネラルバランスが良い飲み物で、神経を落ち着かせ、ストレス軽減、リラックス効果があります。毛細血管の老化予防効果により冷え性改善効果もあります。
このような作用によりルイボスティーが妊娠しやすい体づくりに役立っているのかもしれません。

■毛細血管の老化予防
毛細血管の老化予防は、最近注目されている効果です。
毛細血管は全身の血管の99 %を占めています。つまり血管のほとんどは毛細血管なんです。その毛細血管の外側には壁細胞と呼ばれる細胞が張り付いています。この壁細胞によって栄養や酸素が漏れにくくなっています。しかし、加齢によって壁細胞がはがれいき、栄養や酸素が漏れやすくなります。漏れがひどくなり血液が行き渡らなくなるといわゆる毛細血管が見えなくなるゴースト血管と呼ばれるものになります。
ルイボスティーには毛細血管のTi2という物質を活性化して壁細胞を剥がれにくくする働きがあります。つまり、毛細血管の老化予防効果が期待できます。これにより栄養や酸素も隅々まで届けられるので肌の老化も防ぐことができます。
毛細血管の老化予防効果を期待するには、1日3杯ほどが目安です。継続することが大切です。

ルイボスティー専門店のお試しセット

ルイボスティーには、このように私たちの健康に良い様々な効果効能があることが分かっています。こうなると、まだ飲んだことがないという人は特に飲んでみたいと思うのではないでしょうか。
そこでルイボスティー専門店のお得なお試しセットをいくつか紹介したいと思います。

ルイボスティー専門店 ノバテック

ノバテック安心のオーガニック100%の高品質の茶葉が使用されています。
ルイボスティーお試しセットは、3種類のルイボスティーが楽しめるお得なセットとなっています。「働く女性のお試しセット」「ママと家族のお試しセット」「和風ルイボスお試しセット」3種類のセットいずれか1セットからお選びいただけます。お試しセットでは「働く女性のお試しセット」が一番人気です。

●ルイボスティー専門ショップ ノバテック
≪送料無料≫ルイボスティーお試しセット

ルイボスティー専門店 RTRoom(アールティールーム)

RTRoomおいしさと安全性にこだわった、有機栽培の厳選したオーガニック茶葉が使用されています。
まずは一度試してみたい、そんな方のためのルイボスティーの3週間お試しセットです。
「ルイボスティー・スタンダード」約3週間分の他に3種類を加えた計4種類のルイボスティーのお得なセットです。
ノンカフェインだから家族みんなで楽しめます。

●ルイボスティー専門店 RTRoom
最高級ルイボスティー「3週間お試しセット」

■ルイボスティーの入れ方

ルイボスティーサプリメント

ルイボスティーのダイエットや毛細血管などの美容健康効果を期待するには1日3杯ほどが目安です。つまり、毎食1杯飲めばいいわけですね。
コレって、ルイボスティーが大好きな人には全然平気な量ですが、それほど好きじゃないという人にとっては毎日継続するとなると大変な量です。
そんな方にはルイボスティーのサプリメントがオススメです。
ルイボスプラスは、高品質なルイボスティーをサプリメントにした商品です。
活性酸素を除去するSOD様酵素食品です。
老化予防や妊活・妊娠・産後の女性の方にオススメのサプリメントです。
こちらのルイボスプラなら、たった1粒でルイボスティーペットボトル1本分(500ml)を飲んだ場合に相当します。
これなら継続することも容易です。

●ルイボスティーサプリメント「ルイボスプラス」
ルイボスティーサプリメント

ルイボスティーサプリ

 - 美容健康

336×280

スポンサードリンク

336×280

スポンサードリンク

  関連記事

足の臭いケア ミョウバン水の作り方・対策クリーム・ストッキング

目次1 足の臭いケア1.1 ミョウバン水の作り方1.2 QB薬用デオドランドクリ …

炭酸風呂の作り方 美肌効果で背中ニキビやブツブツが解消 馬渕知子先生 ノンストップ

目次1 炭酸風呂で背中ニキビやブツブツを解消2 炭酸風呂の作り方3 炭酸風呂の効 …

女性の加齢臭 ノネナールが原因 頭皮は塩洗髪で NHKあさイチで紹介

目次1 女性の加齢臭1.1 塩洗髪のやり方 加齢臭というとオジサンのものというイ …

フリーカがスーパーフードとして人気 栄養・フリーカご飯・サラダレシピ あさチャン

目次1 フリーカがスーパーフードとして人気1.1 フリーカの栄養1.2 フリーカ …

碁石茶の効果効能・飲み方 乳酸菌で便秘改善【口コミ・販売店】

目次1 碁石茶とは2 碁石茶の製造工程3 碁石茶の飲み方4 碁石茶の効果効能5 …

おもしろフェイスパックが人気 歌舞伎・動物・KISS・進撃の巨人・ナイトメアービフォアクリスマス

目次1 おもしろフェイスパックが人気1.1 歌舞伎フェイスパック1.2 動物フェ …

腸炎予防にポリアミン ヨーグルト納豆・オレンジポン酢・オリゴ味噌レシピ ビビット名医の予防ごはん

目次1 腸炎予防にポリアミン1.1 第1位:ヨーグルト納豆1.2 第2位:オレン …

茶油(ティーオイル)の効果効能 お茶の実油はオリーブ油よりもオレイン酸が多い【通販】

目次1 茶油(ティーオイル)の効果効能2 茶油(ティーオイル)の使い方 茶油(テ …