美容健康

マカダミアナッツオイル効果効能 食用美容オイルとして人気の兆し パルミトレイン酸が豊富

更新日:

スポンサーリンク

去年は、食用オイルとしてココナッツオイルやエゴマ油、亜麻仁油などがブームとなりました。

次に来るオイルとして、いま徐々にマカダミアナッツオイルの人気が出てきています。
日本テレビ「スッキリ」で取り上げられましたので紹介します。

マカダミアナッツオイルが食用美容オイルとして人気

去年は、ミランダカーが愛用しているということで日本でもブームとなったのが、ココナッツオイルでした。

今年も、成城石井などのスーパーや伊勢丹などの百貨店では、食べるオイルコーナーは人気で売り場は広げられ、今でもココナッツオイルを購入する女性は多いみたいですね。

そんな中、マカダミアナッツオイルが去年の秋頃より徐々に人気が出てきています。

オイルソムリエであるYUKIEさんもマカダミアナッツオイルが、今注目だといいます。

マカダミアナッツオイルは、文字通り、あのマカダミアナッツから採取されるオイルです。

マカダミアナッツオイルは、甘味があるオイルなんです。
でも、それなのに糖質がゼロでヘルシーなのです。

そのため美容・健康意識の高い女性を中心に人気が出てきています。

プレミアムオイル マカダミアナッツオイルを扱うお店では、売上は2年前に比べ2倍以上になっているといいます。

マカダミアナッツオイルは、200度近くに加熱しても使うことができます。

YUKIEさんオススメは、スープの上にかけて食べるというものです。
他にもバターの代わりにトーストに塗ったりヨーグルトやパスタにかけても良いそうですよ(^-^)。

■マカダミアナッツオイルの効果効能
マカダミアナッツオイルには、他のオイルに比べてパルミトレイン酸が群を抜いて豊富に含まれているのが特徴です。
これだけ豊富に含まれているのは、油の中でもマカダミアナッツオイルだけだといいます。

パルミトレイン酸には、様々な健康効果があります。
DHAやα-リノレン酸などのオメガ3系脂肪酸の弱点を補うオイルとして、今注目されています。

<パルミトレイン酸の効果>
・悪玉コレステロールを減らす働き
・血管を強くする作用があり、動脈硬化を予防
・インスリンの分泌を調整し、糖尿病の予防や高血糖の改善
・シワやたるみなどの肌の老化防止も期待
・脳の血管にも入り血管を強くし脳卒中を予防

1日の摂取量の目安:大さじ1杯(15g)
開封後は、酸化が始まるので1~2ヶ月で使いきることがオススメです。

<番組の試食>
リポーター阿部桃子さんの試食コメント
「マカダミアナッツです。香りも味もまろやかで、甘味も感じます。」
まさに、あのマカダミアナッツを彷彿させる油なんですね。

■プレミアムオイル マカダミアナッツオイル(ファンドラー)2,654円(税別)
スッキリで紹介された、マカダミアナッツオイルです。
最上級のマカダミアナッツだけを使用し、一番搾りのとてもプレミアムなオイルです。

■マカダミアナッツオイル
アマゾンで、人気のマカダミアナッツオイルです

■オイルソムリエのYUKIEさんの本

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-美容健康
-,

Copyright© 関心事あれこれ , 2019 All Rights Reserved.