美容健康

入浴法 疲労回復・美容・安眠に効果的な入り方 早坂信哉先生 スッキリで紹介

更新日:

スポンサーリンク

日本テレビ「スッキリ」3月21日で、疲労回復、美容、安眠に効果的な入浴法が紹介されましたのでまとめてみました。今回入浴法を教えてくれるのは、温泉療法が専門の東京都市大学 教授 早坂信哉先生です。

効果的な入浴法とは?

早坂先生は、内科医でもあり医学的にお風呂を研究するお風呂ドクターです。先生によるとお風呂の温度が1度、入浴時間が1分違うだけで、体に与える影響は全然違ってくるといいます。
そこで、体調に応じた入浴法を知っていることが重要だといいます。知識さえ知っておけば、その時の体調に応じて効果的な入浴ができるからです。

疲労回復に効果的な入浴法

お風呂は、普通に入っても疲れを癒してくれますが、これを行えば、より疲労回復に効果的だというものです。

疲労回復入浴法その1

やり方

(1) 40℃の湯船の温度に、15分間入浴する。

これは、新陳代謝が活発にさせるのに適した入浴で、老廃物を体外に排出し、さらに自律神経のバランスも整えられ、疲労回復に効果的です。

疲労回復入浴法その2

やり方

(1) 42℃の湯船の温度に、3分間入浴する。

(2) 湯船から出て、手足に水を約20秒間かける。

ny1603210919

(3) (1) と(2) を繰り返し2回行う。
※水をかける場所は、心臓から離れた刺激に少ない手足にかけること。

運動などで筋肉の細胞内に溜まっている乳酸は、血液の流れで肝臓に運ばれ、疲労回復物質に変化します。このメカニズムは、最近になって分かったことなんだそうです。血管は温かい時は広がり、冷たい時は縮みます。これを繰り返すこで、血管がポンプのようになり血流が良くなります。
疲労回復入浴法その2は、まさに血管をポンプのような働きをさせる入浴法です。これにより血流が良くなり多くの乳酸が肝臓に運ばれ疲労回復物質に変わり、疲労回復が促されます。

疲労回復入浴法その3

お風呂はシャワーだけという人にオススメの方法です。

やり方

(1) 熱めのお湯で足湯をしながら、シャワーを浴びる

ny1603210920

全身の血行が良くなります。

美容に効果的な入浴法

美容のために長く入浴する人がいますが、それは間違いだといいます。美肌のためには入浴時間に注意が必要だといいます。

やり方

42℃の湯船の温度に、入浴時間は長くても10分まで。

10分以上入ると、皮脂が取れすぎるためで、皮膚の乾燥の原因となるからです。
42℃の熱めのお湯は、美肌の元となるたんぱく質が活性化して美肌効果がアップします。週2日程度で効果があります。

さらに入浴中に飲むと美肌効果がアップするのが緑茶です。
緑茶に含まれるカテキンは、シミやしわなどの肌の老化の原因である活性酸素を撃退してくれるます。
入浴中に緑茶を飲むことで、カテキンの吸収率が7倍にアップするという研究報告があります。

ny1603210923_000

安眠に効果的な入浴法

やり方

寝る2時間前に入浴を済ませる。

ny1603210924

睡眠は、深部体温が深く関係しています。深部体温を下げることで眠りが促されます。
入浴後は、深部体温が上がります。深部体温が高いときは、寝つきが悪く、良い睡眠が取れないと言われています。入浴後2時間後にちょうど深部体温が下がり、寝つきが良くなり良い睡眠が取れると言われています。
これは、最近良く聞かれることですね。

スポンサーリンク

今注目のお風呂グッズは?

今回、番組で紹介された今注目のお風呂グッズです。多くの人が、お風呂で快適さを求めてきており、年々お風呂グッズの売上は伸びてきているそうです。

■ヘッドリラクゼーション プルモ
お風呂で頭に当てて使用する頭をリラクゼーションさせるグッズです。細かい振動で頭を刺激し、気持ちがいいんだそうです。
通販

■ホームスターアクアプラネタリウム
お風呂でゆったり湯船に入り明かり落とせば、プラネタリウムが楽しめます。優雅な気分に浸れます。
通販

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-美容健康

Copyright© 関心事あれこれ , 2019 All Rights Reserved.