生活

脇汗対策グッズ 制汗剤は塗るタイプが主流 デオボールが人気 ズームインサタデーで紹介

更新日:

スポンサードリンク

暑い季節になると当然、汗が出てきます。そうなると脇汗も気になるというもの。まあ気にしない人もいますけど。日本テレビ「スームインサタデー(ズムサタ)」6月27日で、最新のわき汗対策グッズが紹介されましたので取り上げてみました。

脇汗対策グッズ 制汗剤は塗るタイプが主流

暑いこの時期になるとお店では脇汗対策グッズの特設コーナーも設けられたりします。脇汗対策グッズは、大きく分けてスプレータイプ、塗るタイプ、シートタイプの3つのタイプがあります。最近は、どんなタイプが人気なのかというと塗るタイプが人気で番組で訪れたお店では全体の5割以上を占めていました。なぜ塗るタイプが主流なのか。これにはいまどき女性の女心が影響しているといいます。スプレータイプは音がしてトイレでは恥ずかしくて使えないためなんだとか。そのため音がしない塗るタイプが人気だということでした。音がしない他にも、効果が高く、長続きするということも理由のようです。
制汗剤がはじめて発売されたのが1962年、ライオンから発売されたBANでした。この商品、実はロールオンタイプの塗るタイプでした。その後1970年代にパウダー入りスプレータイプが発売され、これが簡単に使えワキがサラサラになると女子中高生に大ヒットしました。これでスプレータイプが主流になりましたが、現在では再び塗るタイプが主流になったということです。スプレータイプは、今ではシートタイプよりも人気がないようです。番組で紹介された塗るタイプ2品とシートタイプ1品です。

デオボール

丸い形状で見た目も可愛くコンパクトなので今人気の商品です。ワキに直接塗るタイプの制汗剤で、塗る部分は、たまご型なのでとても塗りやすいといいます。殺菌成分と制汗成分によってニオイと汗をしっかり抑えてくれます。また汗をかいても汗と反応することでより香りが広がるんだそうです。丸く小さいタイプなのでポーチに楽に入れられ持ち運びにも便利だといいます。
■デオボール ロート製薬 ¥756(税込)

8x4ワキ汗EX クリームカプセル

今年2月に発売された塗るタイプの使い捨て制汗剤です。この制汗剤、汗が出る汗腺にフタをして汗が出ないようにするもの。どれだけ水分を通さないかというニベア花王の比較実験では、これを塗るとまったく通さないという結果になりました。
136546545とても強力みたいです。効果も長時間持続するそうです。使い捨てなので、緊張する場面などここぞという時に使うといいのかもしれません。使い切りタイプなので衛生的だとも。ただネットの口コミレビューをみると汗が抑えられないという人を結構みかけました。
■8x4ワキ汗EX クリームカプセル(6個入り) ニベア花王 ¥550(税込)

Riff あせワキパット

小林製薬の最新のシートタイプです。シートタイプの良いところは直接汗を吸収してくれるところだといいます。今月2月にリニューアルしたこのあせワキパットは、両サイドに7ミリのスリット加工を施すことで、よりズレにくくはがれにくくなったそうです。さらにメッシュ加工の吸引シートもよりすばやく汗を吸引できるように改良。という風に年々進化しているそうです。このあせワキパットが生まれたのは1990年のバブル全盛期で、レンタル衣装が流行った時代に高いレンタル衣装を汚したくないニーズから生まれたんだとか。そんな今では思いもよらない理由からなんですね。
■Riff あせワキパット モカベージュ(20枚入り) 小林製薬 ¥561(税込)

●ポーランド発!日本のロールオンで満足できなかった方は是非お試しください♪
夜塗るだけで翌日サラサラ【デオエース】

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-生活
-, , ,

Copyright© 関心事あれこれ , 2018 All Rights Reserved.