食べ物

ミガキイチゴ 価格も誕生エピソードも驚き 未来シアターにて

更新日:

スポンサードリンク

1粒¥1000のイチゴをご存知でしょうか?
ミガキイチゴと呼ばれるブランドイチゴです。
最近は、様々な高級フルーツが出てきているので、そう驚かない人も多いのかも
しれませんが、このミガキイチゴは誕生エピソードも驚きなんです。
様々な番組で取り上げられているようですが、日本テレビ未来シアターでも
取り上げられました。

1粒1000円のミガキイチゴ

高級イチゴ、ミガキイチゴを作りあげたのが株式会社GRA 代表の岩佐大輝さんという方。
会社はIT会社なんです。
なぜIT会社である岩佐さんがイチゴを栽培したのか?
キッカケは、2011年の東日本大震災にありました。
岩佐さんが育ったのが、宮城県山元町。ここはイチゴの産地でした。
おじいちゃん子として育てられた岩佐さんもイチゴをよく食べたといいます。
しかしあの津波によってイチゴ農園に海水が入り塩で栽培できなくなったそうです。
そこで岩佐さん、おじいちゃんの想いも込めて会社を担保にして借金をして
ITで土を使わなくて育つイチゴ栽培に挑むことにしました。
始めてからなんと1年でイチゴの収穫に成功することに。
それが1粒1000円のイチゴでした。
湿度温度などの管理はすべてコンピュータ管理で、イチゴが一番光合成しやすい
環境を提供しているそうです。
そのため大粒の糖度14%の甘いイチゴを安定して作ることができるといいます。
それにしても、通常違う分野に飛び込むとしばらくは苦労してようやく成功する
というのがパターンですが、経験のない農業で1年でブランドイチゴを作り上げるのは
驚きです。
おまけにミガキイチゴからスパークリングワイン、ミガキイチゴ・ムスーというワインも
商品化されました。
この早さは、やはりIT企業だからなんでしょうか。
苦労話が一つも語られなかったのでなんか全てすんなりいった印象を
もってしまいましたが本当のところはどうなのかわかりません。

ちなみにミガキイチゴ、すべてが1粒¥1000ではなく、
ネットで調べたらランクがありました。
プラチナ・ゴールド・シルバー・スタンダードの4つのランクがあります。
ミガキイチゴ プラチナが一番高く1粒1000円で都内のデパートなどで売られています。
ゴールドやスタンダードは、ネット販売でも楽天、ヤフーで購入できます。

ミガキイチゴ プラチナはなかなか自分では食べる機会はなさそうですね。

■ミガキイチゴ ゴールド
通販

■ミガキイチゴ スタンダード
通販

■ミガキイチゴの紹介動画

いちご狩りで極上いちごの見分け方とは?
ヘタの根元まで真っ赤っか・ヘタが反り返っている・種が黄色か赤色のもの。
そんないちごを見つけるコツはしゃがんで視線を低くすることだそうです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-食べ物
-, , ,

Copyright© 関心事あれこれ , 2018 All Rights Reserved.