生活

夏の快眠 小豆枕の作り方使い方 睡眠不足で肥満に あさチャンで紹介

更新日:

スポンサーリンク

連日の猛暑で寝不足に陥っている人も多いのではないでしょうか。この寝不足、肥満にもつながるそうです。TBSテレビ「あさチャン」で、睡眠不足で太る事実、夏の睡眠不足を解消する快眠法が放送されましたので紹介します。

睡眠不足は肥満の原因

睡眠不足は、身体に良くないことが分かるのですが、ここ最近言われてることでちょっと気になるものがありました。それが睡眠不足は肥満の原因になるというもの。

なんとなく、睡眠時間が少ないとそれだけ活動量が増えて痩せるようなイメージがありますがそうじゃないんですね。睡眠不足になると逆に太ってしまうみたいです。

アメリカ、コロンビア大学の研究によると7時間睡眠を基準とした場合、6時間睡眠で23%、5時間睡眠で50%、4時間睡眠ではなんと73%、肥満になる確率が高くなるという研究結果が報告されています。

では、どうして睡眠不足が肥満につながるのか?原因は2つありました。

1.食欲や代謝をコントロールするホルモンの分泌異常
1つ目は食欲や代謝を司るレプチンとグレリンというホルモンの分泌異常にありました。レプチンが食欲を抑制するホルモンで、グレリンが食欲を促進させるホルモンです。この2つのホルモンで食欲がコントロールされているのですが、このホルモンの分泌量が、睡眠時間に左右されるといいます。睡眠時間が6時間を切るとグレリンの分泌が増えて、食欲が促進されて太りやすくなるんだそうです。

2.基礎代謝の低下
2つ目が成長ホルモンの減少にありました。成長ホルモンは、基礎代謝をアップさせるホルモン。この成長ホルモンは、深い眠りであるノンレム睡眠時に大量に分泌されます。睡眠不足になると眠りの浅いレム睡眠が増え、ノンレム睡眠の時間が減るので、成長ホルモンの分泌も減少し、代謝が減少して太りやすくなるというのです。

睡眠不足が肥満も招くというのなら、どうにか睡眠不足を解消したいものです。そこで快眠セラピスト三橋美穂さんが、夏の3つの快眠テクニックを紹介してくれました。

スポンサーリンク

夏の快眠テクニックとは?

1.エアコン温度を就寝1時間前と直前で変える

s_1508030736
就寝1時間前までに25℃前後に冷やし、寝る食前に少し汗ばむ28~29度に設定。こうすることで体に負担がかからないで眠ることができます。

2.背中にダンボールを敷く
B4サイズに切ったダンボールをシーツの下に敷く。これにより、背中が敷き布団に密着せず通気性がアップして背中の蒸れが解消され、目を覚まさなくなるといいます。つまりダンボールが通気性の良い敷パットの代用品として使えるわけです。イメージとしては、ダンボールはちょっとゴツゴツしそうですが、違和感は感じないそうです。

3.頭寒足熱
頭の部分を冷やし、足元を暖かくすると血流も良くなりよく眠れます。夏場は特に頭を冷やすと効果があるそうです。そこでオススメが小豆枕(あずきまくら)です。その名の通り小豆を入れた枕です。

小豆枕の作り方・使い方は?

a1656545

(1) 小豆250gを小さめのメッシュ袋につめて、冷凍庫で1時間ほど冷やす。

(2) メッシュ袋をそのまま枕の上に置いて、後頭部に当てて寝る。

メッシュ袋は、100円ショップなどで売られているものでOK。

氷枕は冷やしすぎになりますが、小豆枕なら20~30分ほど頭を冷やすのにちょうどいいんだそうです。後頭部が小豆でちょっと違和感を感じそうですが、それはないそうです。

■小豆枕
市販の小豆枕です。小豆でひんやりと心地よい眠りを誘います。値段は高いですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-生活
-,

Copyright© 関心事あれこれ , 2019 All Rights Reserved.