美容健康 食べ物

ブロッコリー スルフォラファンの肝機能改善効果 NHKあさイチで紹介

更新日:

スポンサーリンク

ブロッコリーは、栄養価が高く様々な栄養素が含まれて野菜の中でも大人気。そのブロッコリーの栄養素の中でも今、スルフォラファンが世界的に注目されています。NHKあさイチ6月8日で放送されましたのでまとめてみました。

スルフォラファンの肝機能改善効果

ブロッコリーは、ビタミンC、B群、葉酸などのビタミンが豊富で、鉄分、カルシウムなどのミネラル、そして食物繊維などバランスよく含まれている健康野菜です。中でも、ブロッコリーに多く含まれている今世界が注目している成分があります。それが、スルフォラファンです。

東海大学 東京病院ではスルフォラファンの肝機能効果を研究しており、スルフォラファンのサプリメントを使った実験では、肝機能障害の数値が改善するという研究結果が。これは、スルフォラファンの抗酸化作用によるものと考えられています。

大手食品メーカーのカゴメでもスルフォラファンの研究を行っており、お酒の悪酔いを緩和する作用が判明。肝臓を元気にするということでダイエット効果も期待できるとも。

海外でも、がん予防の研究をはじめスルフォラファンに秘められた様々なパワーの研究が行われています。スルフォラファンは、がん予防、解毒作用など様々な健康効果が期待されている今注目の成分なんですね。

このスルフォラファンを効率よく摂るためには、生のブロッコリーやブロッコリーの新芽、ブロッコーリスプラウトをよく噛んで食べることがおすすめです。

これはどういうことかというと、スルフォラファンは細胞内ではSGSという物質の状態で存在。スルフォラファンになるには、細胞内にあるミロシナーゼという酵素と出会うことが必要なんだそう。

つまり、よく噛んで細胞が壊れることで、SGSとミロシナーゼが出会い、はじめてスルフォラファンが生まれるわけです。

ただ、ミロシナーゼは、酵素だけに熱に弱いという性質があります。ブロッコリーを茹でた時は、ミロシナーゼを含むダイコンなどのアブラナ科の生の野菜と一緒にとる必要があるそうです。

ブロッコリーは通常茹でるので、ちょっと面倒くさそうな話になりましたが、実はスルフォラファンは、ブロッコリースプラウトのほうがブロッコリーより10倍以上多く含まれています。スプラウトは、サラダなど生で食べますよね。つまり、スルフォラファンを積極的に摂ろうとするなら、ブロッコリースプラウトを生で摂ればいいわけです。ちなみに、おひたしにすると効果は半減すると言われていますので、ご注意を。また、よく噛まなくてもその前にスムージーとして細胞を壊しておくことでもOKです。

つまり、ブロッコリースプラウトのスムージーが、スルフォラファンを効率よく摂るオススメの方法なんですね。

スポンサーリンク

ブロッコリースプラウトのスムージー レシピ

あさイチで紹介された、ブロッコリースプラウトのスムージーの作り方です。

材料

ブロッコリースプラウト … 10g
小松菜 … 2枚
レタス … 1枚
バナナ … 2分の1本
プレーンヨーグルト … 大さじ1
水 … 60ml
氷 … 60~75ml

作り方

(1) 材料を適当な大きさにちぎってミキサーに入れ、30秒ほど攪拌する。

(2) グラスに注げば出来上がり。

1354654654

ブロッコリースプラウトを生産している村上農園さんのブロッコリースプラウトのスムージーの作り方動画です。

スルフォラファンの健康効果

フジテレビ「バイキング」12月7日でもブロッコリースプラウトに多く含まれるスルフォラファンの健康効果について放送されましたのでまとめてみました。

スルフォラファンには、健康効果として3つの大きな特徴があります。

1.がん予防効果

スルフォラファンには、強い抗酸化力があり活性酸素を減らしてくれるため。がん予防に最も効果的な食べ物という専門家もいます。

2.ピロリ菌減少効果

胃がんの原因であるピロリ菌を減らす効果があります。毎日ブロッコリースプラウトを70g摂る実験では、8週間後には約1/8に減少したという研究報告があります。

3.持続時間が強くて長い

ビタミンCの抗酸化力の持続時間は、2,3時間に対して、スルフォラファンは、なんと約72時間(3日間)。3日間続くので、毎日摂らなくても、3日一度、摂ればいいというわけです。

s154654-1

さらに、ブロッコリースプラウトには、育毛効果もあるという研究報告も。

世界が注目するスルフォラファン、3日1度、ブロッコリースプラウトを摂るのもいいかもしれません。

今回あさイチで、スルフォラファンを研究している会社として紹介されたカゴメではスルフォラファンサプリを販売。サプリでスルフォラファンを摂るのもいいかもしれません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-美容健康, 食べ物
-, ,

Copyright© 関心事あれこれ , 2019 All Rights Reserved.