生活

ハオルシアは話題の多肉植物 オブツーサ・万象・玉扇の種類には高額なものも【通販】

更新日:

スポンサーリンク

ハオルシアは、相次ぐ盗難事件で注目を浴びている多肉植物です。このハオルシアの中には、とても高額なものもあります。TBSテレビ「ビビット」4月21日で取り上げられましたのでまとめてみました。

ハオルシアとは

観賞用の植物「ハオルシア」が、去年8月約200本、1780万円相当盗まれました。その犯人である中国人が、今月19日に逮捕されました。

この事件からも分かるように、ハオルシア約200本で1780万円なので1本あたり約9万円の高級な植物です。今回、高いものでは1本70~80万円したといいます。

超高級植物ハオルシアとは一体どんな植物?

ハオルシアは、南アフリカ原産の多肉植物です。ハオルチアとも呼ばれています。葉がユニークで特徴があり多くの種が観賞用として栽培されています。あのアロエの仲間でもあります。種類は、約300種類に及びます。日本で作り出された交配種は世界的に人気で、特に中国・韓国・台湾などでとても人気が高いです。中には1本100万円以上するものもあり、世界的に高値で取引されています。

先日、植物業者が行ったネットオークションでは、ハオルシアのオーロラ万象錦が911,000円、玉扇“玄武”が956,000円と超高額で落札されました。

このようにハルオシアには、超高値が付く品種があります。

といっても、この品種ならすべて高額なわけではなく、希少な特徴が出ているものであり、同じ品種でも数百~数千円で売っているものも少なくありません。

ハオルシアの種類

オブツーサ・万象・玉扇・宝草錦・冬の星座・ニグラ・グラウカ・ビスコーサなどがあります。一頃は、実際にあるのは150種ほどと言われたましたが、その後、研究が進み、60種ほどと言われています。

ハルオシアは、多肉植物なので水をあまり上げる必要がありません。直射日光が当たらない風通しの良い場所に置いて育てるのが良いとされます。

スポンサーリンク

高額ハオルシア ベスト3

ハオルシアの中でも高額で取引される品種ベスト3です。

先ほども言ったように、この品種ならすべて高額というわけではなく、高額で取引されるものもあるという品種です。

オブツーサ

オブツーサは、肉厚な丸い葉が透けて花弁のように生えるのが特徴です。

高額ポイントは、葉が肉厚でガラスのように透き通っているもの。

ob654654-1

高額なもの:約100万円

■ハオルシア・オブツーサ [通販]

万象

万象は、ナイフなどでスパッとカットされたような葉が特徴です。

高額ポイントは、1000本に2,3本しかないという斑(ふ)という黄色い線が入ったもの。

こちらが黄色い線である斑が入った万象です。
manzou5468-1

高額なもの:約200万円

■ハオルシア・万象 [通販]

玉扇

玉扇は、カットされたような形の扇を広げたような葉が特徴です。

高額ポイントは、白い模様の白線が多く、表面がボツボツして硬いもの。

gyoku45-2

高額なもの:約200万円

■ハオルシア・玉扇 [通販]

ハオルシア関連の本&商品

大手通販サイトAmazonでは、日本ハオルシア協会監修の美しいハオルシアの種類の紹介と育て方を解説した本「ハオルシアの本」をはじめ、多肉植物にハマる多肉女子にも評判のハオルシアおまかせセットなどのハオルシアの鉢など、ハオルシア関連の本や商品を購入することができます(^-^)。

ハオルシア関連の本&ハオルシアの鉢[Amazon]

高額なハオルシアについてはツイッターでも話題!

■ハオルシアの魅力を紹介した動画です。ハオルシアをはじめて10年程だそうです!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-生活
-

Copyright© 関心事あれこれ , 2019 All Rights Reserved.