生活

熱中症対策帽子 エアピークAirpeakとは?口コミ・評判は悪い?良い?取扱店は?

更新日:

エアピーク
スポンサーリンク

テレビ東京WBS(ワールドビジネスサテライト)で放送された、熱中症対策帽子エアピークAirpeakについて紹介したいと思います。

熱中症対策帽子 エアピーク(Airpeak)とは?

日差し

熱中症対策といえば、冷却スプレーやひんやりタオルなど様々なグッズがありますが、やはり、外出時は帽子が対策になります。

帽子の中でも最近発売された、熱中症対策帽子エアピーク(Airpeak)が話題です。

なぜ話題かというと、この帽子を作った会社は熱中症対策のヘルメットで、大ヒットを生み出した会社だからです。既にヘルメットは160万個売れた大ヒット商品になっています。

会社は、ビルマテル株式会社という会社です。中心事業は、ビルの屋上緑化で、ヘルメットや帽子とは関連のない会社です。そんな会社がヘルメットを作るきっかけとなったのが、屋上緑化を行っている最中に社員が熱中症にかかったためだそうです。

社員が、熱中症にならないために開発したヘルメットが大ヒットしたわけです。その空気を通すメカニズムは、今回の帽子にも採用されています。

エアピークは、2重構造になっており、ツバ上部とサイドから空気が取り込まれ、後頭部の通気口より、空気の対流効果で温度と湿度を排出します。これにより、帽子の中の温度と湿度が下げられ、快適な状態にします。

その効果は、熱中症研究の第一人者、京都女子大学 教授 寄本明先生の次の実験で検証済みです。

熱中症対策帽子エアピーク、一般的な帽子、帽子なしの3つのパターンで40分間、外を歩いた後、日なたで10分休憩後、それぞれ頭頂部温度を計測したところ、帽子なしは40度、一般的な帽子は36度、エアピークは30度でした。

さらに、湿度も一般的な帽子は80%でしたが、エアピークは60%に抑えられています。温度、湿度、共に効果が認められており、熱中症予防効果が十分期待できます。

エアピークは、頭を熱からしっかりと守ってくれる帽子なんですね(^-^)。

■エアピークの特徴を紹介した動画です♪

スポンサーリンク

エアピーク(Airpeak)はどんな人におすすめ?

エアピーク(Airpeak)は、次のような方にオススメの帽子です。

  • 日頃、ジョギングやウォーキングを行っている
  • 汗をかきやすく帽子が蒸れやすい
  • 帽子は通気性の良いものを重視
  • 熱中症対策の帽子を探している

エアピーク(Airpeak)は、通気性に優れた高機能な帽子で、熱中症対策として効果が期待できます。

エアピーク(Airpeak)の口コミ・評判は悪い?良い?

エアピーク(Airpeak)の口コミ・評判は、悪い?良い?どうなんでしょうか?

ということで、エアピークを購入した方の口コミをいくつか紹介したいと思います。

■Oさん
気に入ったのは素材が軽いこと。通気性も抜群です。
■Aさん
風が頭の中を流れ涼しい。タオル不要です。 汗かきの方におすすめです。
■Mさん
質感も仕組みも素晴らしいです。もう少ししっかり被りたいのですが、浅めなのが気がかりです。この点だけ、是非改良して欲しいですね。
■Pさん
通常のランニングキャップと比べると値段は高いですが、通気性は格段に良く、走っていても頭がむれずに最高に良い商品です 。

エアピークの口コミは、なかなか良いですね。

エアピーク(Airpeak)の取扱店は?

エアピーク(Airpeak)は、ネット販売では公式サイト以外にも大手通販サイトのAmazon、楽天市場などでも取扱店があります。

現在、様々な種類、色のエアピークが販売されています。

Airpeak PRO:アスリートの声を反映させた「軽量さと通気性」を追求した上級モデル

Airpeak SPEED2:従来のランニングキャップにFlow Systemを搭載した初代モデル

Airpeak ATHLETE 3:ゴルフ、野球で使われるキャップスタイルにFlow Systemを搭載した初代モデル

■Airpeak Speed2(エアピーク スピード2)

■Airpeak ATHLETE 3(エアピーク アスリート3)

■Airpeak PRO(エアピーク プロ)

まとめ

熱中症対策帽子 エアピーク(Airpeak)について紹介しました。

熱中症対策としては、もちろん普通の帽子でも対策になるんですが、エアピークは、より温度、湿度を下げてくれる高機能な帽子です。

温暖化が進む中で、気温の上昇は年々厳しいものとなっています。その中で熱から守ってくれる エアピークは、今後も需要が高まり人気の商品となりそうですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-生活
-, , ,

© 2022 関心事あれこれ