美容健康 食べ物

ゴールデンベリーの効果・効能・食べ方 世界一受けたい授業

更新日:

スポンサーリンク

ゴールデンベリーが注目

ゴールデンベリーは、いま注目のスーパーフードです。

日本テレビ「世界一受けたい授業」でも取り上げられ、注目度アップのゴールデンベリーについて紹介したいと思います。

日本ではスーパーフードの人気は、年々高くなってきています。そのため最近では、スーパーでも様々なスーパーフードを見かけるようになってきました。

スーパーフードと言えば、チアシード、キヌア、アサイーなどがよく知られてていますが、今注目されているスーパフードが、ゴールデンベリーです。次世代のスーパーフードとして期待され、人気急上昇中です。

ゴールデンベリーとは

コールデンベリーは、別名インカベリーと呼ばれ、原産は、南米ペルーと言われています。ゴールデンベリーは 、ナス科ホオズキ属の多年草で、食べられるほおずきです。日本のほおずきは鑑賞用で食べられませんが、形もよく似ていますので、日本ではゴールデンベリーを食用ほおずきとも呼んでいます。このゴールデンベリーは、古代インカ帝国の時代から栽培されていたとされ、南米では古くから愛され食べられてきている食べ物です。

goldenberry5987-1

スポンサーリンク

ゴールデンベリーの効果・効能

ゴールデンべリーは、スーパーフードとして注目されているので、もちろん栄養価はとても高い食べ物です。

βカロテンが豊富に含まれ、目の健康維持、皮膚や粘膜の健康維持・がん予防などが期待できます。

ビタミンEが豊富に含まれ、血管の健康維持、毛細血管の血流アップ、肌荒れの予防改善、悪玉悪玉コレステロール値を下げる効果が期待できます。

鉄分も多く、貧血改善をはじめ、疲労回復、美肌効果が期待できます。

食物繊維も豊富で、腸内環境を整え、お通じを良くしたり、血糖値の急上昇も抑えてくれる効果が期待できます。

カリウムも豊富で、むくみや高血圧予防が期待できます。

バイオフラボノイドも豊富で、毛細血管を強くしたり、炎症を抑えることが期待できます。

ビタミンB群の一種、イノシトールも豊富で、体脂肪の蓄積を防ぐメタボ対策効果や美肌効果が期待できます。

他にもビタミンC、B1、B3が含まれています。

ゴールデンベリーの食べ方

生のゴールデンベリーは、甘酸っぱくジューシーでフルーティーな香りがします。糖度は12~15度とメロン並みの甘さです。

ゴールデンベリーの食べ方は、食用ほおずきと呼ばれるようにがくである外側の殻をむいて食べます。そのままでももちろん美味しいのですが、チョコレートをコーティングしたり、ジャムにしてもおいしくいただけます。

乾燥させたゴールデンベリーのドライフルーツも、甘酸っぱくおいしいので、そのままおやつとして食べてもOKですし、サラダやヨーグルト、アイスクリームにトッピングしたり、クッキーやパンやホットケーキに入れたりするのもオススメです。

ゴールデンべリーの血液サラサラ効果の検証

日本テレビ「世界一受けたい授業」では、ビタミンEが豊富なゴールデンベリーがどれだけ血液をサラサラにするのか検証実験が行われました。

実験方法

ゴールデンベリー(ドライフルーツ)20粒と牛乳200mlをミキサーにかける。

dori487878-1

このドリンクを血液がドロドロの20代の男性に1日2杯2日間飲んでもらいました。

結果

たった2日間ですが、写真で見ると見事に血液がサラサラになりました。

ketuekisarasara555-1

これは、ビタミンEが毛細血管を広げ、血液自体の老化も予防してサラサラな血を作ってくれるためだと考えられます。

■オーガニック ゴールデンベリー
ドライフルーツにした無農薬のゴールデンベリです。
通販

■ゴールデンベリー(食用ホオズキ)苗
苗から育てれば、生のゴールデンベリーが食べられます。
通販

■DHC ビタミンE
Amazonで人気のビタミンEのサプリメントです。
血液サラサラ効果のあるビタミンEをしっかり摂りたい人にオススメです。
通販

■ゴールデンベリーの紹介動画です

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-美容健康, 食べ物
-

Copyright© 関心事あれこれ , 2019 All Rights Reserved.