美容健康

テロメアテスト(テロメア検査)の料金は?テロメアは老化で短かくなる 広島大学田原栄俊先生 TBS私の何がイケないの?

更新日:

スポンサーリンク

TBSテレビ「私の何がイケないの?」11月30日で1日1食で本当に長生きができるのかということで、最先端遺伝子検査テロメアテストで検証されました。

今回、最先端遺伝子検査テロメアテストを受けるのが、長年1日1食の生活を送っている2人の芸能人、元ピンクレディーの未唯mieさんと歌手のサンプラザ中野くんです。

テロメアテストは、遺伝子分野の権威、広島大学大学院 田原栄俊先生によって実施されました。

最先端遺伝子検査 テロメアテスト(テロメア検査)

テロメアテストとは、テロメアと呼ばれる遺伝子の一部分の長さを測ることで遺伝子の年齢を判定するというものです。田原先生がテロメアの長さを測定する技術を開発した先生です。
もう一つ、テロメアの端っこを検査して遺伝子疲労度(ストレス度)も計測します。
遺伝子が傷つくとテロメアが短くなるスピードは早くなり、老化が早まり病気のリスクも高くなるといいます。
検査は、血液を5ml採血するだけで済みます。
料金は5万円~

テロメア
テロメアは老化とともに長さがどんどん短くなる。
テロメアの長さは、食生活に密接に関係している。
短くなればなるほど病気になるリスクが高くなる。
かかりやすくなる病気が心筋梗塞・動脈硬化・がん・認知症など
255465465-1

短くなったテロメアは長くできるのか?
短くなったものを長くすることは難しいですが、短くなりにくくすることは可能だそうです。

■サンプラザ中野くんのテロメアテスト結果
遺伝子年齢:55歳(実年齢55歳)
遺伝子疲労度:7.7%

遺伝子年齢は、実年齢と同じでしたが、遺伝子疲労度は健康な人は10%なので7.7%はかなり悪い数値でした。630人中ワースト38位の値でした。ストレスで遺伝子が傷ついていると考えられるそうです。

<改善方法>
食生活の改善でした。オメガ3を含む亜麻仁油や青魚を摂るのが老化予防でオススメ。

■未唯mieさんのテロメアテスト結果
遺伝子年齢:65歳(実年齢57歳)
遺伝子疲労度:7.9%

遺伝子年齢は、まさかの65歳で、遺伝子疲労度もサンプラザ中野くんと同様ストレスで遺伝子が傷ついていると考えられるそうです。630人中ワースト42位の値でした。
未唯mieさん場合、若い時のストレスが遺伝子疲労度を低くすることに影響していた可能性があるということでした。

今回残念ながら、お二人とも長生きできる良い結果にはなりませんでした。

ただ1日1食生活は決して悪くはなく、その摂り方と食べる内容が重要だということでした。

腸内環境に良い発酵食品や話題のオメガ3を積極的にとり、バランスのとれた食事がいいようです。

自分のテロメアの長さが気になった方もいるかと思います。テロメアは、専門機関で診てもらうことができますが、なかなかそういう機会がないですよね。

でも、テロメアの長さも調べてくれる遺伝子検査キットがあります。

それが、MYCODE(マイコード) ヘルスケアです。

自宅にいながらテロメアの長さがわかりますし、テロメア以外にも、自分の病気(がん・生活習慣病)と体質(長生き・肥満・肌質 等)の遺伝的傾向を知ることができます。詳しくは公式サイトをご覧下さい。

遺伝子検査サービスMYCODE[マイコード][公式]

■遺伝子検査MYCODE(マイコード)の紹介動画

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-美容健康
-,

Copyright© 関心事あれこれ , 2019 All Rights Reserved.