食べ物

松村和夏さんの料理レシピ 鶏胸肉のソテー 里田まいさんの料理の先生 スッキリで紹介

投稿日:

アドセンス 336x280

スポンサードリンク

松村和夏さんの料理が話題

日本テレビ「スッキリ」3月11日でタレント里田まいさんに料理を教えた広尾料理倶楽部 管理栄養士 松村和夏さんの料理が放送されましたので紹介したいと思います。

以前、里田さんといえば、プロ野球選手である夫のマーくんのためにブログに美味しそうな手料理を次々とアップして話題となりました。アメリカに行っても今も変わらず栄養バランスのとれた美味しい手料理を振舞っているといいます。そんな里田さんが料理の基本を教えてもらった先生が松村さんなんです。里田さんの料理の師匠である松村さんは、広尾料理倶楽部という料理教室を開いており、20代~60代まで幅広い年代に人気だといいます。中には里田さんのようにアスリートの夫を持つ奥さんも通っているそうです。
松村さんの料理が人気なのは、美味しいのはもちろんこと、見た目が綺麗で、栄養バランスが取れて簡単にできるところだといいます。

今回、紹介された2つの料理です。

鶏胸肉のソテー レシピ

<材料>
鶏胸肉、塩、コショウ、小麦粉、オリーブオイル

【万能だれ】
しょう油 … 大さじ2
はちみつ … 大さじ2
バルサミコ酢 … 大さじ3

<作り方>
(1) 鶏胸肉は、皮をとり薄くスライスする。
(2) 綿棒などでスライスした肉を穴があくくらいまでたたく。
  繊維を切ることにより焼いても縮まなくなるので硬くならない。
bouta165465-1(3) 叩いた肉を2枚重ねにする。これで食べごたえがアップする。
(4) 肉に塩、コショウで下味をつけて小麦粉をまぶす。
(5) オリーブオイルをひいたフライパンで肉を焼く。
torimune55-1(6) 焼き目がついたら一度取り出す。
(7) しょう油、はちみつ、バルサミコ酢を混ぜて万能だれを作る。
  酢によって肉が柔らかくなる。
(8) 万能だれをフライパンに入れて火にかけたら、肉を戻し、たれを絡める。
  小麦粉をまぶしてあるのでたれを絡みやすい。
(9) お皿に盛り付けたら出来上がり。
torimune657-1<栄養ポイント>
鶏胸肉は高タンパク、低脂肪の食材でアスリートやダイエット中の方にオススメです。

アボカドとサーモンのセルクル仕立て レシピ

<材料>
お菓子作りに使われるセルクルを用意する
サーモン、アボカド、エシャロット、レモン
【調味料】
マヨネーズ、オリーブオイル、塩、コショウ、白ワインビネガー

<作り方>
(1) サーモンをサイの目切りに、エシャロットをみじん切りしてボウルに入れる。
(2) そこに塩、コショウ、オリーブオイルを加えて混ぜる。
(3) 別のボウルに刻んだアボカド、塩、コショウ、マヨネーズを入れて
  つぶしながら混ぜ合わせる。
(4) お皿の上にセルクルをのせて、先ほど混ぜたアボカドを少し押しながら入れる。
(5) 先ほどのサーモンに白ワインビネガーを混ぜ、アボカドの上にのせる。
seru875485-1(6) セルクルを上に持ち上げて取る。
(7) 仕上げに輪切りのレモンを飾り、オリーブオイルをお皿の周りにかけたら出来上がり。
serukuru32465-1<ポイント>
セルクルを使うことで料理が簡単、おしゃれになり、家で作ったとは思えない贅沢感が味わえます。
<栄養ポイント>
サーモンのアスタキサンチンには、強い抗酸化作用があり疲労回復効果があります。
アボカドは水溶性食物繊維が豊富で腸内環境を整える効果があり、ビタミンEも豊富で美肌効果が期待できます。

松村さんによると栄養に詳しくなくても色んな色を揃えて摂れば、見た目が華やかになるだけでなく、自然に栄養バランスが整った食事になるといいます。

■松村和夏さんの人気の初の料理本です。

■セルクル
料理を華やかにする道具として使えます。

■里田まいさんの本

336x280

スポンサードリンク

336x280

スポンサードリンク

-食べ物
-

Copyright© 関心事あれこれ , 2018 All Rights Reserved.