食べ物

ボナ チョコレート フランス老舗店【販売店・通販】世界ふしぎ発見

更新日:

板チョコ
スポンサーリンク

TBSテレビ「世界ふしぎ発見」2月10日でフランスの老舗チョコレート店「ボナ」が取り上げられましたので紹介したいと思います。

フランス老舗チョコレート店「ボナ」とは?

美食の国、フランスでは、美味しい食べ物がたくさんあります。

チョコレートも昔から老若男女問わす、親しまれてきました。

そのフランスのパリでは、毎年、世界最大級のチョコレートの祭典が行われます。

それが「サロン・デュ・ショコラ」です。

世界60ヵ国から500店ものチョコレート店が出店します。

来場者数は、延べ10万人以上でたくさん人が訪れます。

会場には、世界的に有名なショコラティエも自ら店頭に立って、新作のチョコレートを披露します。

そのチョコなんですがが、ここ数年、注目されているチョコは、意外にもシンプルな板チョコなんだそうです。

その板チョコの原点といわれるお店がフレンチアルプスの麓、ヴォアロンにあります。

その老舗チョコレート店が「ボナ」なんです。

「ボナ」は、静かな山合いの街に佇む板チョコの工房です。

■フランス 老舗チョコレート店「ボナ」のある場所

ボナは、1884年創業以来、100年以上変わらないレシピで、香料など一切使用しない手作りのこだわりの板チョコを作り続けています。

ボナの現在の店主は、4代目ショコラティエのステファン・ボナ氏です。

お店は、創業当時から家族経営だそうです。

わざわざ遠くから訪れる人もいる大人気のお店です。
創業当初は8種類だったチョコも、今では56種類にもなっています。

これだけ種類があるのも、人それぞれ味の好みがあるので、それぞれの人の好みに合わせてたくさんの種類を作っているそうです。

そのほとんどがカカオ本来の味を楽しんでもらうためカカオ分70%以上の高カカオチョコレートです。

カカオポリフェノールは、高血圧予防など血管にとても良いということで注目されている成分です。そのため日本でも、各社からハイカカオチョコレートが次々と発売されて人気です。

ハイカカオチョコレートの健康効果についてはこちらの記事をご参考下さい。

板チョコというと、日本では比較的安価なイメージがありますが、ボナのチョコは、その素材を生かしたチョコなので、極めて手のかかる作業です。

1枚(100g)1000円以上します。

今回番組では、数ある「ボナ」チョコレートからのいくつかの試食がありました。

●ボナ エクアドル産:フルーティでフローラル、優しく上品な味

●ボナ ブラジル産:力強い香りでありながらフローラルでフルーティ

●ボナ ハイチ産:ほんのり柑橘系の酸味を感じさせる

●ボナ メキシオ産:バランスが良く、フルーティーで力強く繊細

カカオの産地が違うだけで、味や香りに違いでてくるんですね。

ボナ チョコレートの紹介動画

スポンサーリンク

ボナ チョコレートの【販売店・通販】は?

では、このボナのチョコレート、どこで購入できるのか、調べてみました。

ボナのお店が、2008年広尾にオープンしましたが、現在は閉店になったようです。

毎年開催される日本のサロン・デュ・ショコラでは、開催期間中、購入できるようです。
www.salon-du-chocolat.jp/

カカオストアアンドマーケット(&MARKET)で一部、売られているようです。

通販では、次のサイトで販売されています。

フランス雑貨アマギーズAmaguise
www.amaguise.com/product-list/22

大手通販サイト、アマゾンでもボナの板チョコが販売されていますが、お高くなっています。ボナ ハイチ産の価格は、2倍程です。

■ボナ ショコラ 通販

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-食べ物

Copyright© 関心事あれこれ , 2019 All Rights Reserved.